CONSTRUCTION MANAGEMENT
コンストラクションマネージメント

コンストラクションマネジメントとは?

About Construction Management

コンストラクションマネジメント(CM)とは、建設プロジェクトにおいて、計画から設計、施工、管理までを含め、各段階において「スケジュール管理」「コスト管理」「品質管理」「情報管理」のマネジメントを行うことで、ご依頼者の立場に立った建設プロジェクトのマネジメント方式を言います。

建設プロジェクトでは広く深い専門知識が必要となり、また膨大な作業工程が発生する事で、依頼主からは見えにくい部分が多く、またスケジュール・コスト・品質・情報管理の面で様々なリスクも発生して来ます。

そのため近年では第3者として中立性を保ちつつ、発注者側の立場に立ってプロジェクトのマネジメントを行うCMの必要性が問われ始めました。

CMは1960年代にアメリカで生まれたと言われており、日本では近年になって様々な形式で大中小様々な形式での建設プロジェクトが多くなるとともに、建設費の透明化やコストダウンも同時に求められており、当社のようなCMが求められています。

※CMの定義は一様ではなく、建設プロジェクトのすべての段階に適応可能な専門的マネジメント技術の総称です

CMによるコストメリット

Cost Merit

CMは当然の事ながらマネジメントに関するコストが発生します。
しかしCMを行わない場合、プロジェクトの工期遅延、予算超過などのリスクが伴ってきます。まだ中立的に全体を調整する事で、無駄のないスケジュールとコスト/品質/情報管理を実現する事で、全体のコストを削減し、発注者のリスクを軽減すると共に、コストの最適化とフレキシブル制をもたせたプロジェクト管理を実施。

結果的にはマネジメントコストを含めたトータルコストの削減も実現すると共に、様々なリスクの軽減にも繋がります。
大きな予算がかかる建築プロジェクトにおいて、CM技術によってコストとリスク両面において大きな差が生まれます。





〉〉〉 google mapで見る Access
Copyright © Office Design Works All Rights Reserved.